しばらく吐き気と嘔吐が続いたのですがアフターピルの副作用と思い吐き気止めを併用していました。1週間くらいでだいぶ副作用も軽くなりました。ですがいつまで経っても生理が来なかったので病院へ行くと妊娠が発覚していたのです。

私が副作用と思っていたのは妊娠の初期症状だったのではないかと思いました。そして時々吐き気止めを使っていたことで胎児に影響はないかとても不安になりました。なんでもアフターピルの副作用は妊娠の初期症状と似ている点がいくつかあります。吐き気や嘔吐、だるさ、倦怠感、イライラなどなど・・・。

アフターピルは女性ホルモンを含んでいるためそのような症状が出やすかったりするそうです。

アフターピルの服用には注意が必要

私は妊娠している自覚がなかったのですが、アフターピルを服用前から妊娠していたことが発覚しました。妊娠の疑いがある場合はアフターピルの服用は控えた方がいいこと、胎児に影響が出る場合もあるので、アフターピルを使う前に妊娠していないか確かめる必要があるということを医師に言われました。

今のところお腹の子も元気に育っていますが一歩間違えればお腹の子に影響が出てしまっていたかもしれません。私たちはお腹の子を産むことを決心して結婚しましたが、中絶を考えるカップルもいると思います。

中絶は心身ともにダメージも大きくお金も掛かるので避妊をするのにも注意が必要です。

また、アフターピルは避妊に失敗した時に使うお薬として備えておくといいでしょう。
アフターピルは短期間で服用してしまうと避妊率も下がってしまうそうです。排卵日を遅らせ避妊をさせる方法なのでホルモンバランスが乱れてしまいます。すると生理の周期も安定しません。

正常の周期にもどるまで最短でも3カ月かかると言われているので体に大きな負担になってしまうので使い方には注意をしましょう。